よくあるご質問

FAQ

日本郵船歴史博物館 資料について

どんな図書がありますか?閲覧はできますか?

オリエンテーションルームには、和書・洋書含む海運関係図書が約1,500冊あります。

閲覧は自由ですが、イベント開催などでオリエンテーションルームが利用できないこともあります。事前にご確認ください。
館外貸出はしていません。

蔵書のコピーはできますか?

コピーは、日本郵船(株)の発行物のみ可能です(他のものは、著作権の関係上できません)。
モノクロのみ1枚20円(10枚まで)となります。

≪主な日本郵船の発行物≫

図 書 「日本郵船戦時船史 上巻」、「日本郵船戦時船史 下巻」、「日本郵船百年史」、「日本郵船百年史 資料」、「近代日本海運生成史料」、「二引の旗のもとに」、「日本郵船社史 創立100周年からの20年」、「日本郵船社史資料 創立100周年からの20年」など
写真集 「七つの海で一世紀」など
戦前の乗船名簿は残っていますか?

残っていません。当時、船では乗組員名簿や、航海日誌、乗船名簿を数年間保管していましたが、戦前の客船はほとんどが戦争で沈んでしまいました。
会社に移されたものについても、しばらくは保管していたと思われますが、現在は残されていません。

太平洋戦争で沈んだ船の詳細は分かりますか?

太平洋戦争では、軍に徴用された数多くの商船が沈没しました。
日本郵船の船280隻余りについては図書「日本郵船戦時船史 上巻・下巻」に当時の状況、乗組員名などが記載されており、館内で閲覧・コピーすることができます。

日本郵船の船について

日本郵船の船の写真・模型を手に入れる方法はありますか?

日本郵船歴史博物館のミュージアムショップでは、所蔵写真を焼き増した船の写真や模型を販売しています。ミュージアムショップは入館無料でご利用できます。 ※所蔵写真の焼き増しには日数がかかります。

客船「飛鳥II」の横浜入港・出港日時を教えてください

横浜市港湾局ホームページをご参照ください